イディオム・スラング第2回目 “as soon as possible”

あっという間に10月、今年も残り3か月となりました。

Time flies so quickly!  (時が経つのは早い!)ですね。

そして、今年の秋は台風が多いですね。

今週末も日本海を北上するようです。

You can never be too prepared!(備えあれば憂いなし!)

これは、いくら準備してもしすぎることはないといった感じですね。

私の生徒さんで、ランタンやろうそく、ヘルメットなどを用意してらっしゃる写真を

みせてくれた方がいます。

私の住んでいる地域も、前回の台風は大きかったので、しっかり準備する方も増えたと思います。

If you’re prepared, you don’t have to worry. However, if something happens….

(準備をしておけば心配する必要はありませんが、もし何か起きた時には…)

Stay calm and go to a certain place for safety as soon as possible.

(落ち着いて、(指定された)場所に速やかに非難する)ことが大事ですね。

 

as soon as possible … 「できるだけ早く」と訳します。英検では3級で出てくるイディオムです。

Send me an e-mail as soon as possible.  (できるだけ早くメールを送ってね。)

You should leave home as soon as possible. (できるだけ早く家を出発しないと!)

のように使います。

また、as soon as possibleの最初の文字をとって、asapまたは、a.s.a.pを

エーエスエイピーと読んで使うときもあります。

例えば、

Please come back home asap.

(できるだけ早く家に戻ってきて!)

という風に使います。

as soon as possibleって、急いでる時には長いですからね。

エーエスエーピーの方がいいのでしょう♪♪