イディオム・スラング 第4回目

あともう少しで、2018年も終わりますが…

平成最後にあと1回、イディオム・スラングをお届けしたいと思います。

 

まずは、 ”do’s and don’ts” から♪

ここでのdoは「する」、don’tは否定の「しない」というところから、

名詞化+複数化されて、dos 「するべきこと」、don’ts 「してはいけないこと」という意味になります。

すべきこと、してはいけないことは1つとは限らないので複数で受けています。

例えば、

A: Did you write “dos and don’ts in your notebook?   (ノートに、すべきこと、やるべきことを書いた?)

B: Not yet. I have to write them down tonight.   (まだだよ。今晩、書かなきゃ。)

A:     Yes. You should hurry.             (そうね、急いだほうがいいわ。)

AさんとBさん、消防署へ明日社会見学に行くそうです。そのために、 dos and don’tsを考えて書いて学校に

提出するようです♪♪

 

最近は、to-do-list という言葉を日本でもよく聞くようになりました。そのまま、カタカナ読みで

トゥードゥーリストと言ったりします。

こちらも、「やるべきことリスト」という意味で、一日や一週間の始めにto do listを作ったりします。

 

冬休みのうちに、3学期のto do listを作ったり、2019年のto do listを作ったりしてもいいかもしれないですね。

ちなみに、新年の抱負は、New Year’s Resolution と言います。

1年の計は元旦にあり(The whole year’s plans should be made on New Year’s Day)といも言いますね。

ぜひ、2019年、イノシシのように(笑)邁進できるよう、早いうちに新年の抱負を考えてみてくださいね。

 

それでは、来年も皆様にとってよい年でありますように。どうぞよろしくお願いいたします。