”慣れ”って素晴らしい

私が英語に興味を持ち始めたのは、中学校で英語を習い始めてから。

近所に、父の友人の娘さんで、ちょうどイギリス留学から帰国し、英語を教えている方がいるという話を聞いて

習いに行っていました。このお姉さんがかっこよかったということもあると思いますが、イギリスの町並みや

ダイアナ妃のパレードの写真を見せてもらい、英語への憧れが芽生えました。

しかし、高校、大学受験で、英語の楽しさを一旦心の奥底にしまった私は、自分が抱いていた憧れを完全に忘れたまま

大人になってしまいました。そんな中受けたTOEIC。

「英語やってないなあ、最近。とはいえ、大学受験を経験してるんだから、そんなに悪くはないだろう。」と

思って受験したテスト結果は300点台。普段英語とは無縁の生活をしながら、興味本位で

受けたテスト結果でした。やっぱりやってないと、こんなものなんだ…と、自分の英語力が低下しているのを

確認したようなものでした。

 

語学の勉強って、下りのエスカレーターを登っているようなもの…という人もいます。

つまり、立ち止まって勉強をやめてしまうと、その場で停止するのではなく、どんどん、どんどん下がっていくのです。

そこに信念があればあるほど、恐ろしい言葉です(笑)

その後、英語で食べていこう!と決めてからは、1日として英語に触れなかった日はないと思います♪

少なくとも立ち止まってはいないので、現状維持はできているのではないかと思うのですが…(どうかな、笑)

毎日毎日、英語に触れていると、英語がない世界のほうが不思議に思ってくるんですね。

慣れってすごい!慣れって、なんて素晴らしい!

とにかく毎日触れて、それが習慣化すると、こっちのもん!ですね♪

ただ、語学学習は、派手なものではなく、淡々と毎日同じことを繰り返したほうが上達する気もするので、

それが嫌になって英語を”勉強しなくなることに慣れる”、ということも簡単にできてしまうように思います。

そこにやはり工夫が必要なので、そのためにはある意味”辛抱強く”取り組むことが大切かと思います。

学習者の皆様、ご自分なりの”信念”を持って、これからもがんばってくださいね。