ディクテーションでリスニング力UP!

ある程度、英語力が上がってきたら、

(漠然としてますね…そうですね、英検で言うところの準2級に合格したあたりから)

ディクテーションを学習に取り入れてもいいかなと思います。

音源(英語ニュース、インタビュー、教科書のCDなど)を用意して、

一字一句聞き取れるまで何度も(早戻ししたりしながら)聞いて、

書き取っていくのです。

なんとなく聞いている分には理解もしているし、納得しているけれど、

一部、何と言っているか聞き取れない…とか、書いてみると案外分からない

ということが出てくると思います。

そこにこだわって10回も20回も早戻しして聞き直してみる…

そのこだわりというか努力が、何かしら実を結ぶんだと思います。

たとえば、You should be proud of yourself. (君は自分に誇りを持つべきだよ。)という文章の

ofは弱音ではっきりと「オブ」とは聞こえないはずです。小さく「ァ」とか「オ」ぐらいの音で、

常に「読む」だけで来た人が「聞く」と、なかなか聞き取れないのです。

しかし、ここを何回も聞いて、自分なりのこれしかない!という答えを書いてみて、

正解と見比べてみてください。え!あれは「of」だったのか!という発見は、

なかなかに感動ものです(笑)

(もちろん、be proud of ~は、頻出イディオムですので知っている方も多いと思いますが…)

ここで、「of」が「オブ」とは聞こえないんだ。思ったより短いな…などと認識することで、

次からは、不思議と「of」にひっかからずに聞こえてきたりするものです。

たかが「of」、されど「of」かもしれません….。

聞きとれない”一瞬”にどんな単語や熟語が使われているのか。こだわって聞いてみてください。

半年も経てば、あなたのリスニング能力は格段に向上しているかもしれません。

ディクテーション、お薦めです!!

(※音源のレベルとしては、あまり難しいものから始めない方がいいと思います。

自分のレベル相当、あるいはそれより簡単なものからどうぞ♪)