イディオム・スラング第10回目

Good afternoon!

We’ve had crazy weathers these days, haven’t we?

(最近の天気はどうなってるんでしょう)

A newspaper says, “the temperature hit 39.5 deg C in the coastal town of Saroma at 2.07pm in north-east Hokkaido “

ある新聞によると、北海道島北部にあるサロマの沿岸部では、午後2時7分に39.5度を観測しました。

気象庁によると、今まで北海道で38度を超えたことがなかったということなので、エアコンなどを常備していない家庭もあり、大変だったことでしょう。どこにいても異常気象に備えて、ある程度の準備をしたり、話し合ったりすることが大事なのかもしれません…。

さて、 本日第10回目のイディオム・スラングにいきましょう~。

1つ目は、”Easy as pie” です。

これは、容易い、簡単という意味で、

A: Oh, you finished your homework so quickly today.   

 まあ、今日は宿題を早く終えたのね。

B: It’s easy as pie! I’m good at science.

こんなの簡単さ。僕は科学が得意なんだ。

もともとは、(as) easy as pieと as ~ 形容詞の原型 as ~から来ています。
pieは、楽しそうな人や簡単なことを形容する言葉として使 われていたそうです。

a piece of cakeも類義の熟語ですので、一緒に覚えてみてくださいね。

2つ目は、”What’s the rush?” です。これは、想像つきそうですね。

「何を急いでいるの?」「そんなに急いでどうしたの?」というような意味です。

A: What’ the rush?

何を急いでいるの?

B: I have to deliver this document to Mr. Cruise by 5.       

5時までにクルーズさんのところにこの書類を届けないといけないんだ。

”Why are you in a hurry?”などと同義語ですね。急ぎの時は、短く聞きたい!そんな時は、What’s the rush?がいいのでは?

最後に、”I could eat a horse.”です。「馬を食べることができる。」と言っています。これは、couldが使われている仮定法で、「(あまりにお腹がすいているので、もしそこに馬がいたら)、その馬でも食べられる。」と言っているのです。例えば、

A: You’ve been studying for 5 hours. You must be hungry.

(5時間も勉強してたね。おなかすいてるでしょう。)

B: Oh, yes. I could eat a horse.  

(そりゃあもう。お腹ぺこぺこだよ。)

となります。ぜひ使ってみてください!

Take care of yourself, and see you soon! Ciao!